ドッグフードの種類(セミモイストタイプ)

ドッグフードを水分含有量ごとに分類すると、以下の4つに分けられます。

今回はその中でも、セミモイストタイプについてみていきます。

セミモイストタイプの特徴

セミモイストタイプはソフトドライタイプと同じく、半生と呼ばれるもので、水分含有量が25%~35%のものを指します。 缶詰やパウチのように滅菌加工が施されていないにもかかわらず、水分量が多いため腐りやすいです。 ソフトドライタイプと異なる点は、栄養価が低いこと加熱発泡処理(気泡を入れて柔らかくする)がなされていないことです。 ドライフードと同様、原材料を混ぜ合わせて押し出し機などで押し出して製造しますが、発泡や乾燥は行いません。

わんちゃんにおやつとして与えるジャーキーなどが、このセミモイストタイプに分類されます。

それでは、このセミモイストタイプのドッグフードにはどのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。

セミモイストタイプのメリット

  • 嗜好性が高く、偏食気味の犬も食べやすいです。
  • 柔らかいので、歯やあごが弱かったり、歯肉に炎症のある犬も食べられます。
  • 袋詰めになっているものが多く、与える際の手間がかかりません
  • 水分含有量の多さから、ドライフードと比べ脱水を防ぐことが期待できます。

セミモイストタイプのデメリット

  • 水分含有量が多い特性上、保存料や湿潤調整剤などの添加物が使用されるケースが多 いため、健康に悪影響を及ぼすことがあります。
  • 水分が多いため腐りやすく、長持ちしません
  • 栄養価が低い、もしくは偏りがあるものが多く、常食には不向きです。
  • 柔らかく噛みやすいですが、そればかり与えていると歯や顎が劣化する原因になります。

セミモイストタイプが向く犬は?

ソフトドライタイプと同じく、噛む力の弱い子、偏食気味のわんちゃんに適したフードといえます。

しかし添加物が含まれやすいこと、栄養が偏っていることが特徴に挙げられるため、メインのごはんとして与えるのではなく、おやつ程度にとどめておくことをおすすめします。

犬にとっての嗜好性は高いですが、必要にかられない限りは無理に与えなくても良いでしょう。