犬種別ドッグフード(トイプードル)の特徴

犬種別ドッグフード(トイプードル)の特徴

ぬいぐるみのようなルックスでかわいらしいことから、愛玩犬として根強い人気を持つトイプードル。 人懐こい性格で飼いやすく、ふわふわの巻き毛が特徴です。

もともとは大型の鳥猟犬だったプードルを、愛玩犬として長い時間をかけて小型化したのがトイプードルです。 しつけのしやすい犬種ですが、その一方でお留守番が苦手だったり、興奮して吠えやすいという一面もあります。

そんなトイプードル専用のドッグフードには、どのような特徴があるでしょうか。

デリケートな皮膚や耳をケアする

トイプードルの皮膚はデリケートで、皮膚のトラブルが起こりやすい犬種です。 トイプードルの毛は抜けにくく量も多いため、皮膚が蒸れやすいためです。 また、たれ耳のため、中耳炎や外耳炎などの耳に関する疾患も起こしやすくなっています。

そのようなトラブルを発症しやすいトイプードルのために、専用ドッグフードは赤ちゃんの健康を維持する母乳にも含まれるラクトフェリンンなどを配合し、皮膚の健康維持に役立てています。

美しい毛づやの健康をサポート

トイプードルの大きな特徴といえば長くてふわふわの巻き毛ですが、伸びるのが早く、絡まりやすいためこまめな手入れが必要になります。 その毛並みを保つために、トイプードル専用ドッグフードにはリノール酸を豊富に含むひまわり油や、ビタミンB群、亜鉛などの毛づやの健康に役立つ成分が含まれています。

涙やけを防ぐ

皮膚や耳のトラブルの他に、涙やけを起こしやすい犬種として知られています。

歯の健康を守る

トイプードルをはじめとする小型犬は、顎が小さく噛む力も弱いため、大きなものを噛むことが苦手です。 噛みにくいものは丸呑みにしてしまうこともあり、「噛まない」ことは歯の健康にとってもよくありません。 そのためトイプードル用のフードは小粒で、粒も小型犬がしっかりと噛むことができるような形のものが多いです。 また、ポリリン酸ナトリウムなどの歯をきれいにする成分を配合することで、わんちゃんのお口の中の健康維持をサポートしています。

筋肉の健康を維持する

愛玩犬としての印象の強いトイプードルですが、その祖先にあたるスタンダードプードルは鳥猟犬でした。 そのためトイプードルも狩猟犬としての特徴を引き継いでおり、筋肉のある引き締まった身体つきをしています。 活発で運動量をそれなりに必要としますし、良い筋肉づくりのためにも良質なタンパク質が必要になります。 したがってトイプードル用のドッグフードには、タンパク質の優良なバランスなども考慮された作りとなっています。

注意

※この記事の内容は、様々な「トイプードル専用ドッグフード」の銘柄の特徴をまとめたものです。
商品によって特徴は多少異なりますので、すべてのトイプードル専用フードに上記の特徴が当てはまるわけではありません。