ドッグフードは冷蔵庫で保存する?

ドッグフードは冷蔵庫で保存する?

私たちが日頃口にする食材の多くは、冷蔵庫で保存しますよね。 「冷蔵庫に入れる=腐りにくくなる」というイメージがありますが、ドッグフードの場合はどうなのでしょうか。

ドライフードの場合

フードのパッケージに冷蔵保存を推奨する注意書きのあるものは別ですが、ドライフードは原則として冷蔵庫での保存はNGです。 理由は以下の通りです。

結露が生じ、カビが発生する可能性がある

冷蔵庫での保存が推奨されない1番の理由がこれです。 ドライタイプのドッグフードを冷蔵庫で保存すると、出し入れの際に温度差が生じて粒の表面に結露が発生してしまいます。 それが原因でカビが生えてしまい、わんちゃんの健康を害してしまう可能性があります。 ドライフードは直射日光を避けて冷暗所に保存するのが最適な保存方法です。 特に記載のない限り、冷蔵庫で保存するのはやめましょう。

冷えたドッグフードでお腹を壊す危険性がある

冷蔵庫から取り出してすぐの冷たいフードを与えると、胃腸に負担がかかってしまい、与えすぎるとお腹を壊すことがあります。 犬にとって最適な食事の温度は人肌程度です。 そういった意味でも、冷蔵庫での保存はあまりおすすめできません。

ドライタイプのドッグフードは水分量が少ないため、比較的腐りにくく常温での保存が可能です。 逆にいえば、水分が大敵となります。 結露のリスクのある冷蔵保存は避けるようにしましょう。

ソフトドライ・セミモイストタイプの場合

ドライフードよりも水分を多く含む、ソフトドライタイプとセミモイストタイプ(いわゆる半生タイプ)はドライタイプに比べて腐りやすいです。 そのため開封後はタッパーなどの密閉容器に入れて空気を抜き、冷蔵もしくは冷凍保存するようにしましょう。 これらのタイプは水分含有量が多いため、常温で放置しておくとカビが生えてしまう可能性があります。 腐りやすいもののため、保存方法には十分注意しましょう。

ウェットフードの場合

ウェットフードは未開封の場合は常温での保存が可能ですが、開封後は清潔な別の容器に移し替えて冷蔵保存が原則です。 しかしウェットフード自体がそもそも腐りやすいため、過信してはいけません。 基本的には1日で使い切るようにし、冷蔵庫での保存も2日程度にとどめておきましょう。