犬種別ドッグフード(ダックス)の特徴

骨や関節の健康維持に役立つ

愛玩犬として根強い人気を誇るダックスフンド最大の特徴は、なんといってもその「胴の長さ」です。 体長が体高の2倍もあり、四肢が非常に短い犬種です。 特徴的な姿形が愛らしいと評判で、それが人気の要因のひとつともいえるでしょう。 しかしこの体型ゆえに引き起こしやすい病気やケガも多いため、油断は禁物です。

ダックスフンド専用のドッグフードには、ダックスならではのトラブルを予防してくれる成分が含まれているものが多いです。 具体的には、どのようなものなのでしょうか。

骨や関節の健康維持に役立つ

前述の通り、ダックッスフンドは特徴的な体型をしています。 他の犬種に比べ、ひじ関節の湾曲が大きく肘の関節に負担がかかりやすくなっています。 ダックスフントは椎間板ヘルニアの発症率が高い犬種として知られており、椎間板の軟骨のケアも必要になります。 足が短いため、高いところから飛び降りたときなどの着地の衝撃が脊柱に伝わりやすくなっています。

ダックスフンド専用のドッグフードには、グルコサミンやコンドロイチンなどの関節ケアをサボートする成分が含まれています。 また、カルシウムとリンをバランスよく配合し、健康な骨と関節を維持するのに最適です。

肥満防止のために低脂質

ダックスフンドは一般的に、太りやすい犬種と言われています。 もともと、アナグマの駆除を行う猟犬として生まれたのが始まりですので、それなりの量の運動が必要です。 しかし、ダックスフンドは室内で飼われることが多く、運動量が不足しがちな傾向にあります。 また吠えて食べ物を要求したり、何でも食べてしまう傾向があるので、そもそも太らせてしまいやすい犬種といえます。

肥満になってしまった場合、ただでさえ負担のかかりやすい関節にさらに負担がかかってしまい、様々なトラブルを引き起こす原因になります。 ダックスフンドの体重管理は、厳重に行うようにしましょう。

そんなダックスフンド用のドッグフードは、肥満防止のために脂質を控えめにしている商品が多いです。 ドッグフード選びの際は、表示をよく確認して、低脂質・低カロリーのものを選ぶようにしましょう。

筋肉維持のための高タンパクフード

狩猟犬として活躍してきたダックスフントは、しっかりと筋肉のついた体つきをしています。 そのため、健康な筋肉を維持するために良質なタンパク質をきちんと摂らせてあげることが必要になります。 ダックスフンド専用のドッグフードには、ほかの小型犬用ドッグフードよりもタンパク質の割合がやや高めに設定されているものが多くなっています。

注意

この記事の内容は、様々な「ダックスフンド専用ドッグフード」の銘柄の特徴をまとめたものです。
商品によって特徴は多少異なりますので、すべてのダックスフンド専用フードに上記の特徴が当てはまるわけではありません。