犬種別ドッグフード(チワワ)の特徴

犬種別ドッグフード(チワワ)の特徴

純血種の中では、世界最小の犬といわれているチワワ。 潤んだ大きな瞳が特徴の、根強く安定した人気を誇る犬種です。 小さな体に反して性格は活発で勇敢、飼い主を独占したがる傾向にあります。 そんなチワワですが、身体の小ささゆえの悩みやトラブルも多いようです。 チワワ専用ドッグフードには、どのような特徴があるのでしょうか。

骨や関節へのサポート

チワワは骨格そのものが華奢ですので、骨や関節が傷みやすく、日常的なケアが不可欠となります。 そのためチワワ専用ドッグフードには、関節の健康維持に役立つグルコサミンやコンドロイチンなどが含まれているものが多いです。

腸内環境のケア

チワワの胃腸はデリケートなため、腸内環境を整えてあげることも必要になります。 チワワは室内犬ですので運動量が不足しがちになりますが、そうなると腸の運動が活動的にならなくなってしまいます。 するとただでさえ繊細な消化器官に負担がかかってしまい、便の状態が悪くなることがあります。 そういった事態を防ぐために、チワワ専用ドッグフードには消化しやすいタンパク質を使用するなどの工夫が見られます。

嗜好性が高い

狩小型犬は好き嫌いの激しいワンちゃんが多いですが、チワワの場合特にそれが顕著です。 偏食気味で、ドッグフードを替えても替えてもなかなか食べてくれない…といった悩みを持つ飼い主さんも多いのではないでしょうか。 そんなチワワに対して、専用ドッグフードは素材選びや匂い付けなどによって、食いつきをよくする工夫がされているものが多いです。 もちろんわんちゃんによって好みも分かれますので、愛犬に合わないようであれば、無理に犬種別ドッグフードにこだわらなくてもよいでしょう。

粒が小さい

チワワは身体全体が小柄な分、顎や口が小さく、大きめの粒を噛むことを苦手とする子が多いようです。 そのためマズル(鼻口部)の小さなチワワでも噛みやすいように、小粒になっているものが主流です。 また、歯の健康維持のためにわざと噛ませるような形状をしている粒もあります。 栄養面だけでなく、粒の形や大きさなども考慮に入れられているのが、犬種別ドッグフードの特徴です。

注意

※この記事の内容は、様々な「チワワ専用ドッグフード」の銘柄の特徴をまとめたものです。
商品によって特徴は多少異なりますので、すべてのチワワ専用フードに上記の特徴が当てはまるわけではありません。