ライフステージ別ドッグフード(成犬用)の特徴

ライフステージ別ドッグフード(成犬用)の特徴

およそ1歳~7歳程度の犬を「成犬」と呼び、ペットショップなどで売られている、いわゆる「普通のドッグフード」が「成犬用ドッグフード」に該当します。 一生のうちの約半分がこの「成犬期」に該当しますので、成犬用ドッグフードの大きな用途としては「健康を維持する」ということが挙げられるでしょう。 しかし成犬用のドッグフードは用途によって様々なものがあり、理想とする指標はありますが、実際の商品の特徴を一概に挙げるのは難しくなります。

あえていうならば、「子犬用よりも低カロリーであり、高齢犬用よりも高カロリーである」といったところでしょうか。

子犬用に比べてカロリーやたんぱく質はひかえめ

身体の成長は止まるため、子犬用ドッグフードのような、高カロリーなドッグフードは不要になります。 過度に高カロリーなものを与えてしまうと、肥満になるリスクが高まります。 そのため成犬用のドッグフードは子犬用のドッグフードに比べて、カロリーが抑えられています。

また、たんぱく質に関しても子犬期には全体の25%必要なのに対して、成犬の場合は21%と少し低くなり、ドッグフードもそれに合わせて作られています。

成犬用のドッグフードには、様々な種類があります。 それだけ成犬期の体質は多種多様であり、それぞれのわんちゃんの身体に合ったドッグフード選びが大切になります。 基本的には適度なカロリーが摂取できることや、良質な動物性たんぱく質が含まれていること、栄養バランスが優れているものが理想となります。

成犬用ドッグフードの選び方に関しては、こちらを参考にしてください。
 →ライフステージ別ドッグフード(成犬用)の選び方