ちゃんとした肉の入っているドッグフードを選ぶ

ちゃんとした肉の入っているドッグフードを選ぶ

ドッグフード選びにおいて重要な指標のひとつに、「ちゃんとした肉の入っているものを選ぶ」というものがあります。 ドッグフードはわんちゃんが毎日口にするものです。 肉食傾向の強い犬にとって、健康のためにまず大切なのは「ちゃんとしたお肉を食べさせてあげる」ことです。

「ちゃんとした肉とは一体どのようなものだろう?」 「ドッグフードに含まれるお肉はちゃんとしたものではないのだろうか?」 こういった疑問も上がってくると思います。

そこで、実際にドッグフードにはどのような肉が使われているのかを見ていきましょう。

ドッグフードに使用される肉

結論からいうと、ドッグフードに使用される肉は人間が食用とするものよりも粗悪なケースがほとんどです。 なぜなら動物が口にするものは、人間の食べるもののように厳しい安全基準が設けられているわけではないからです。

メーカー側としては、コスト削減のためにできるだけ安価な原料で済ませてしまいたいという考えは多かれ少なかれあるでしょう。 もちろん全てのメーカーが該当するわけではありませんが、市場に出回るドッグフードには粗悪な原料が使用されているものがあるのが現状です。

では、「粗悪な原料」とは具体的にどのようなものでしょうか。

それは主に、「人間の食べられる基準に達していないもの」、つまりは「廃棄物」です。 本来捨てられるはずの肉は、廃棄をするのにもコストがかかってしまいます。 しかしそれらをペットフードメーカーなどに横流しをすれば、廃棄コストを削減することができます。 メーカーが側も格安で原料を手に入れられるため、このような事例が後を絶ちません。

また、こうのような「肉」には普段私たちが口にする筋肉の部分だけではなく、とさかや羽、くちばし、さらには糞尿などが含まれることがあります。 これでは決して犬の身体に良いとはいえません。

中には、4Dミートと呼ばれる非常に質の悪い肉が使用されているケースもあります。 4Dミートに関して詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
 →4Dミートの含まれていないドッグフードを選ぶ

このような肉を主原料としたものを毎日食べてしまっては、わんちゃんの健康がどうなるかは想像に難くないですよね。

ちゃんとした肉、つまり病気ではないもの一般的に肉として食べられる部分を使用しているもの、そしてできればヒューマングレードのもの(人間が食べられる基準に達した素材を使用しているもの)が好ましいです。 人間が食べても安全なものはつまり、一定の高基準をクリアしたものであるため、安全なドッグフード選びの際の指標のひとつとなります。

粗悪な肉の見分け方

それでは、そのような悪質な肉が使用されているか否かは、どのように判断すればよいでしょうか。 答えは、ドッグフードのパッケージの原材料名にあります。

「肉類」「ミートミール」「家禽類」「チキン他」など、曖昧な表記が目立つものは粗悪な肉を使っている可能性が高いです。 本当に安全な原材料を使用しているならば、このようにごまかす必要がないからです。

反対に、「骨抜きチキン生肉○○%」「ラム肉」「新鮮鴨肉」のように、具体的な表記のされているものはより安全であるといえます。

愛犬の健康のために、原材料表示にしっかりと目を通し、より安全なフードを選んであげることが大切です。