ドッグフードの原産国(ドイツ)

ドッグフードの原産国(ドイツ)

ドッグフードの先進国として、真っ先に名を挙げたい国がドイツです。 ドイツは国レベルで動物愛護の精神が根付いており、「犬猫の殺処分がゼロ」である唯一の国だといわれています。 「殺処分ゼロ」に関しては本当にゼロだと言い切るのは難しいですが、少なくとも日本のように、飼い主が見つからないからといって殺処分に回すことは絶対にないそうです。

そのほかにも、犬を飼うと税金が課せられること、ドイツの犬の多くは「犬の学校」と呼ばれている場所で基本的なしつけをされること、犬の展示販売が禁止されていることなど、犬を飼うことへの責任を持てる人でないと飼うことができない体制になっています。

ドイツでは犬がこども料金で電車に乗ることが可能で、多くの犬はノーリードですごしているといいます。 これらのことからも、犬の市民権が国全体で認められていることがうかがえるでしょう。

こういった意識は当然、ドッグフードのクオリティにも反映されています。 ドイツには、「ペットフードには人間の食べられない原材料を使用してはならない」という法律があります。 日本では法律はおろか、品質に関してはメーカー任せになっていることを考えると、その差は一目瞭然です。 ペットフードの管理体制も厳しく、抜き打ちの検査などが平然と行われるそうです。

以上のことからもわかるように、ドイツ製のドッグフードの品質は、は非常に高い水準にあるといえます。 もちろんすべてが高品質であるとは限りませんが、ドッグフード選びの際は、こういった原産国に着目してみてもよいかもしれません。